<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
やりたい看護がここにある
名古屋南医療生協 看護師日記
<< みなみ訪問看護ステーション | main | 安心した生活を支えたい 有松診療所 看護師 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | - |
    かなめ病院 『患者様を看るということ』
    0
      かなめ病院は、脳卒中や骨折等で日常生活動作に支障をきたしリハビリが必要な方が入院する回復期リハビリ病院です。

      脳梗塞を発症し入院された症例を紹介します。

      急性期病院から回復期病院へ転院されたときは、車椅子に乗ることがやっと、排泄はオムツでした。

      しかし尿意があり、ご本人様はトイレで排泄したい気持ちがあることから、ご家族様とも話し合い、トイレで排泄できる様になることを目標にしました。

      まずは車椅子に座る時間を増やし、体力アップを図りました。

      それと同時にスタッフで統一した介助ができるようにリハビリの指導のもと、介助者一人での車椅子移乗の方法を学びました。




      この患者様の看護を通して看るという事が単に疾患をみるだけでなく、ご本人様、ご家族様の思い、生活環境や経済状況等その方を総合的に捉える力が必要であると実感しました。

      看護師
      2年目の私ですが、かなめ病院では生活に寄り添った取り組みをたくさん勉強することができ、私の看護師人生にとって大きな収穫となっています。

      今後急性期病棟での経験も積んでより患者様を総合的に看られる看護師になりたいです。
      - | permalink | comments(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        - | permalink | - | - | - |
        コメントする