<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
やりたい看護がここにある
名古屋南医療生協 看護師日記
<< 寄り添える看護を目指して | main | 緩和ケア病棟より >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | - |
    1年目看護師 やりたい看護
    0
       やりたい看護がここにある
      6A病棟 Hさん

      私は、小さい頃から「人の役に立つ仕事がしたい」と思い続けて参りましたが、本格的に看護師を目指したいと考えたのは大学で看護の勉強を始めた後でした。

      保健師を志して看護大学に入学した当初は、看護師のことをほとんど何も知りませんでしたので、病院に勤めることに魅力を感じていませんでした。

      しかし、病院実習や在宅看護実習、地域看護実習を経験しますと、看護という学問全体に奥深さとやりがいを感じるようになります。

      それと同時に、退院に不安を抱える患者様やご家族の方々、在宅医療を受け地域で暮らす方々、地域で相談相手がいない子育て世代の母親など、さまざまな悩みを抱えていらっしゃることが分かります。

      それらの悩みは深刻で、病院・在宅・地域それぞれが単独で解決することは困難でした。

      そんな時、通学中に見かけた、移転された南生協病院に興味を持ち、見学会に参加致しました。その際、地域の人々の声が最大限反映された病院という説明を受け、南生協病院は地域住民の方々と病院以外のさまざまな施設と密接に関わり、お互いに高め合っていることを感じました。

      それを受け、「自分のやりたい看護はここで実現するのではないか」と思い、南生協病院に就職しようと決意いたしました。

      これから看護職として、患者様、そして地域に暮らす人々の健康の維持・向上の手助けできるよう、まずは一人前になることを目指し、努力したいと思います。
      - | permalink | comments(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        - | permalink | - | - | - |
        コメントする