<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
やりたい看護がここにある
名古屋南医療生協 看護師日記
<< 遊ビリから見えた本来の患者さまの姿 | main | 看護満足度80%をめざして >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | - |
    1年目看護師支援に「気づきノート」を活用
    0
      公立瀬戸旭看護専門学校卒業 6年目看護師 外科・泌尿器(耳鼻科)病棟勤務 

      3B病棟は、外科・泌尿器科・耳鼻科の混合病棟です。患者さまの多くは手術目的で入院されます。手術前は検査や手術の準備を看護師、医師とともに行っています。手術後はリハビリスタッフとともに、手術前と同じ日常生活が送れるようにリハビリをすすめています。また、急性期の消化管疾患(胆嚢炎、腸閉塞など)や術後いったん退院されたのち、体調を崩された方が入院されます。

      毎週水曜日は外科カンファレンスを行い、医師・看護師・薬剤師・理学療法士・栄養士が集まって、外科の患者さまの病状や治療方針を検討しています。また、毎週金曜日には外科・泌尿器科のオペカンファレンスを行っています。医師・病棟看護師・外来看護師・手術室看護師・薬剤師が集まり、手術前と手術後の患者さまの病状や経過などを報告し、情報の共有を図っています。
      外科病棟は他の病棟と比べ、患者さまの入院日数が短く、私たち看護師は患者さまとゆっくり深く関わることが難しいのが現状ですが、入院時面接・術後面接・退院時面接を通し、少しでも患者さまの不安な思いや心配事が楽になるように努めています。また楽しい季節行事や健康チエックなどの病棟班会もスタッフで企画しています。

      気づきノート毎年4月になると1年目看護師が病棟に配属されてきます。だいたい6月〜7月ごろになると1年目看護師も夜勤に入り始めます。それまでに基本的な看護技術や手術前後の患者管理が出来るようになってもらうため、外科病棟では1年目1人1人に「気付きノート」を活用しています。「気付きノート」とは、先輩看護師が“こういう視点も増やして看護して欲しい”だったり、“今日はここまでの技術を見学してもらったから、次に指導に入る人は一緒にその技術をやって下さい”など、1年目の状況把握・1年目看護師とのコミュニケーションを図る役目をしています。このノートを使用することで1年目看護師の思いや看護スタッフがどう考えているかなどがわかり、1年目を支援し指導するにあたり、とても役に立っています。
      また、外科病棟スタッフの活性化を図るため、毎年1〜2回はリフレッシュ企画を開催しています。去年はスキー・スノーボード1泊旅行、京都散策一泊旅行でした。今年は富士サファリパーク・富士急ハイランド1泊と北陸温泉1泊旅行を決行する予定です。旅行を通して医師・看護師が先輩・後輩関係なく、とにかく楽しんで日ごろの疲れを取って親睦を深め、職場での連携がよりスムーズにできるようになっていると感じています。




      教育・研修 | permalink | comments(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        - | permalink | - | - | - |
        コメントする