<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
やりたい看護がここにある
名古屋南医療生協 看護師日記
<< 地域へのかけはし | main | 看護技術を確認したいと実習に期待 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | - |
    みんなで楽しく子育て支援を
    0
      みなみ子ども診療所 看護師 嶋崎 法子

      子ども診療所スタッフ一同私の働く職場『みなみ子ども診療所』は、チームワークの良さがウリですおはな
      職員の年齢層も20〜50代と幅広く、医師・看護師・事務・クラーク・検査技師・栄養士・保育士が力を合わせてよい医療、看護の提供をできるよう、日々学習会を行ったり、ケースカンファレンスを行ったり『切磋琢磨』しています!!日常宇勤務以外では、電話相談などもとても多いです電話
      思春期の不登校、発達の遅れが気になるがどこへ相談したらよいか?、チック症状がありますノーノー、予防接種が全く打てていません汗、低身長かな?、てんかんと言われましたムニョムニョ、アレルギーが気になります[:がく〜:]、などなど相談は様々ですが、ベテランの加藤所長からの学びを活かして、看護師も事務も知恵を寄せ合い、思いを患者さんに寄せて対応しています。
      今、少子化が問題になっている我が国ですが、子ども診には兄弟での受診も多く、保育士さんによる待合でのゲームや本読み、個別の保育相談なども、子育て中のお母さんにとっては心強く感じられるのではないでしょうか?遊園地子供
      昨年度、看護チームでは、子どもの採血や点滴の処置に付き添いたいと考える保護者がどのくらいいるのか、というアンケートを行いました鉛筆2その結果を元に、従来処置は医療従事者ののみで行っていましたが、年齢によっては処置の時に保護者に付き添っていただく、というスタイルに変更しています矢印左右その時々のニーズに対応しながら、よい医療、看護、子育て支援をこれからも楽しく行っていきたいと思いますぴかぴか

      診療所看護 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        - | permalink | - | - | - |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://kango-minami.jugem.jp/trackback/32
        この記事に対するトラックバック