<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
やりたい看護がここにある
名古屋南医療生協 看護師日記
<< 小さな命の誕生の重み | main | 地域へのかけはし >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | - |
    仕事ができる喜びを実感して
    0
      かなめ病院病棟勤務 12年目看護師

      女性は、結婚抱擁・出産赤ちゃん・による環境の変化が仕事に関係します。看護師の仕事は、ずっと続けたいと思っていましたが出産を機に退職しました。初めての育児で子どもと一緒に楽しい日々をを過ごしていました。しかし、2年が過ぎた頃、仕事に戻れるのか不安になったりひやひや社会と繋がりがないと思うようになりました。仕事がしたくても子どもが保育園待機児童だったので復職は難しい汗と思っていました。そんなとき、今の職場を知りました。夜間、日曜保育があり、勤務形態等が選べることが決めてとなり就職しました。かわいい仕事も自分のペースで無理せずに始められたので子どもにとっても良かったと思います。はじめは午前中のパートでしたが、慣れてきて長時間のパートに変わり、今では常勤として楽しく仕事をしています。時計夜勤があるといつも夫ばかりにも頼れないので、院内保育のつぼみ保育所を利用しています。「きょうはつぼみの日だよ〜!」と朝、子どもに伝えると「ごはん何かな〜?」とつぼみで友達と食べる夕食を楽しみにしていまするんるん
      小学生のお兄さん、お母さんに遊んでもらったり反対に0歳の赤ちゃんのお世話をしてあげたり、子ども同士の係り!?も生まれているようです。(私も子育てしながら悩むことも多く、そんなときは先輩ナースに相談します。同じようなものなのかもしれませんラッキー)毎日は忙しいですが、仕事が続けられるのは家族・職場スタッフに支えられ院内保育所があるおかげだと思っています。これからも悩みながらですが、一つ一つ乗り越えていきたいと思います。グー
      子育て看護師から | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        - | permalink | - | - | - |
        この記事に対するコメント
        参考になりました、ありがとうございます。
        世田谷の看護師 | 2011/02/18 2:31 PM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://kango-minami.jugem.jp/trackback/30
        この記事に対するトラックバック