<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
やりたい看護がここにある
名古屋南医療生協 看護師日記
<< 7/23(水)看護師カムバック研修を開催します! | main | 「安心」と感じる看護を・・・  セントレアに電車で行ってきました!! >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | - |
    緩和ケアの7B病棟です☆
    0
      ☆7B病棟紹介☆
      7B病棟は緩和ケア病棟といい、終末期がん患者さまが最期を過ごす病棟です。私たちは家にいるような雰囲気作りを大切にしており、お茶のサービスや各お部屋のお花の交換、季節ごとの飾り付けやイベントなど看護師だけでなくボランティアさんと協同で行っています。日々私たちは、辛い症状による苦痛の緩和を目標にし、穏やかに最期まで過ごす事ができるようお手伝いしています。患者さんは最期の時までここで過ごす方がほとんどです。看取りが辛くなる事も多いですが、スタッフ同士声を掛け合い、日々の関わりを労いながら患者さんやそのご家族と関わっています。

      ☆7B病棟スタッフからみなさんへ応援メッセージ☆
      当院の緩和ケア病棟は「生ききる」ことを応援する病棟つくりを目指しています。緩和ケア病棟を利用されている方は、癌を患い、積極的な治療が困難となり、辛い症状を抱え、残された時間も限られています。患者様家族様は色々な思いで過ごされており、看護師は常に寄り添い、様々な希望を出来る限り叶える事ができるよう職種を越えて支えています。緩和ケアに興味をお持ちの方も多いと思います。色々な科を経験され、私たちの緩和ケア病棟で一緒に働ける日が来るといいなと思います!!頑張ってくださいね!!   Y課長より

      実習されている皆さんへ、患者さんやボランティアさんとのふれあいを通して南生協病院らしい患者さん中心の看護を感じてもらえたらいいなと思います。皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。 M看護師より

      緩和ケア病棟4年目の看護師です。私が看護師を目指したきっかけは末期の癌だった祖父の死です。入院中の祖父に対して小さかった私は何も出来ず後悔していました。縁ありこの病棟で働けている今、自分の看護を模索している最中です。皆さんも、看護師になりたいなと思ったきっかけを大切にし、素敵な看護師になってくださいね。応援しています。 K看護師より

      人とお世話が好きで長年看護師をやっています。緩和ケア病棟は、人生の最後の最後の大切な時間を、ご本人様とそのご家族と一緒に過ごします。看護をしていると人の無力さを痛感する場面も多々ありますが、治せない病気でも看護師は患者様とご家族の傍にいて患者様の不安を軽減し、最後までQOLを支えることができます。看護師になって、人のお世話ができ、人を癒すことができて、実は自分自身が人として一番癒されているということを皆さんにも実感してもらえるといいなと思います。    S看護師より           

      今年の2月から緩和ケア病棟で勤務しています。緩和ケア病棟では患者様、ご家族の想いを聞き、その人らしい生き方のお手伝いをします。時には何もできずにもどかしい思いをすることもありますが、その反面、看護の楽しさや、人と人との関わりがとても温かいものだと気づくことができます。まだまだ未熟な私ですが、患者様と一緒に考え、成長していきたいです。皆さんも患者様と関わり、看護の楽しさを感じてもらえると嬉しいです。K看護師より
       
      - | permalink | comments(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        - | permalink | - | - | - |
        コメントする