<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
やりたい看護がここにある
名古屋南医療生協 看護師日記
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | - |
    1年目教育速報 (2)
    0
       あっという間に1ヶ月が過ぎてしまいました!
       
       1年目看護師教育も集合教育から現場での業務(実践)へとうつっていきます。そんな新人さんの頑張りをご紹介イケテル

      よつばのクローバー4月2週目
       16時〜17時で30分間フォローアップ研修(リスクマネージメント・採血・電カル・デキスター)と、現場での研修の進み具合の交流をしました。



      よつばのクローバー4月3〜4週目
       1日現場で仕事となり、1年目の不安も多いので 週に半日午後からフォローアップ研修と交流を行っていました。
       また、口腔ケアー、吸痰(気管、口腔)、経管栄養の講習を受け、その後サポーターさんのいる病棟にて実際に実習を行いました。

      よつばのクローバー5月2日
       危険な薬剤の話、静脈注射法について副総看護課長より講義を受けました。その後研修医の先生4名によるBLS、AED、挿管介助の研修をおこないました。




      まだまだ緊張や不安はありますが、暖かく見守って下さいぴかぴか
      一歩一歩、確実にあゆんでいますsoon
      教育・研修 | permalink | comments(0) | - | - |
      1年目教育速報!
      0
        (09年4月2日号)

        新人と既卒者 全員元気に参加しています!

        今日は見慣れない電子カルテに、悪戦苦闘・・・汗

        講師が説明する多くの機能にビックリしたり、感激したり・・・プシュー

        でも、電子カルテは奥が深い!? まだまだこれからです。


        感染認定過程を勉強してきた看護師の話は、説得力抜群!!

        マスク、手袋、エプロンの正しい着脱方法を学びました。職場へ今後ひろげよう。

        その後は、手袋をつけて、アンプルカットや注射器の扱い、針捨てボックスの使い方、点滴ルートのつけ方などを学びました。


        リキャップ(注射器のキャップを再度つけること)は絶対禁止!!

        まだまだ上手くできませんが、これから日々訓練しますパンチ!

            《研修者の心得》 
           1.自分から笑顔で、元気よく挨拶ニコニコ

           2.ナースコール、電話は喜んで電話!!

           3.報告・連絡・相談・(提案)を忘れずに

           4.よく寝て、よく食べることzzz食事

           5.一人で悩まないこと。仲間がいますハート大小


        ちなみに、1年目教育テーマソングは「ビリーブ」(♪たとえば、君が傷ついて・・・)でするんるん知っていますか?

         新卒も既卒も、研修バッジをつけて頑張っています。
         


        教育・研修 | permalink | comments(0) | - | - |
        第5回カムバック研修
        0
          よつばのクローバーカムバック研修(11/26〜11/27)を開催してよつばのクローバー




                  南生協病院副総看護課長
                       青山 さとみ


           その名のごとく「カムバック(再就職)希望の看護師」への支援ということで始めた研修も今回で5回目の開催となりました。
           研修のメニューは、最近の看護現場に必要な安全・感染対策の講義と、点滴の技術実習、人工呼吸器などの機器操作、救急蘇生の実習などです。特に今回は電子カルテの研修も取り入れましたパソコン


           私たちは、この研修を機会に南生協に就職していただきたいと思っています。また、すぐには就職に結びつかなくても、南生協を知っていただき、お付き合いができればと思っていますラッキー

           研修内容も充実グッド
           そのため、研修ではリラックスして楽しく受けていただくようクイズ形式の講義や、手洗いの実習。グループでの技術実習では、現場課長が入って、少人数で全員が十分研修できるように工夫しています。医療機器の取り扱いでは、臨床工学技師より機械のしくみがわかりやすく話され、機械へのアレルギーを払拭できるようにしています。また、救急蘇生では、医師の協力を得て、実践さながらの研修ができますYES!

           カムバック職員の体験談が好評ぴかぴか
           講義後には、このカムバック研修から当院に就職した方の体験談を聞くコーナーを設けています。これがとても好評で質問も多いです。体験談を聞いて復帰の決意ができた方もみえます拍手
           参加者のみなさんは、20代〜50代と幅広い年齢の方です。結婚、子育てで現場を離れ、そろそろ復帰をと考えている方たちが多いです。また、すぐの復帰はないが、最近の状況が知りたいと参加されている方もみえます。
          ブランクも数ヶ月〜10年以上とさまざまです矢印上下
          しかし、皆さん熱心に研修を受けていらっしゃいますひらめき

           参加者の方たちの感想は、
          ミス・トラブル対策がシステムで考えられている。気持ちの負担がとれます。」
          「点滴に関する医療材料がずいぶん変わっていたが、とても働きやすくなっていると思いました。」
          「10年以上のブランクがありましたが、手が震えました。しかし、丁寧な指導で、点滴の感覚を思い出しました」
          「機器も新しくなっており驚きましたが、機器管理の専門の職員がいらっしゃるので、安心しました」
          「挿管の実習もいれてほしいです」
             など、

           研修の感想・要望を次回の研修に取り入れ、参加してよかったと思っていただける研修を目指していますパンチ

           働き続けたいをサポート!!
           現在、潜在看護師は50万人と言われています。看護師の仕事は患者様の生命や健康を守り、社会に貢献できるすばらしい職業です。しかし、不規則な勤務であり、心身ともにストレスの多い職業でもあります。また、既婚者にとっては家族の理解・協力のいる職業でもあります。働き続けたいと思ってもそれぞれの理由で職場を去らなければならない看護師がいます。
           当院では、院内保育所、病児保育所があり、子持ちナースの多い職場ですので、子育てしながら働くことができます。
          また急性期病院はじめリハビリ病院、診療所・訪問看護ステーション、介護施設もあり働く場所が豊富です病院

           これからも、たくさんの方に参加していただき、南生協で働いてみたいという方をふやしていきたいと思います上向き


          教育・研修 | permalink | comments(0) | - | - |