<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
やりたい看護がここにある
名古屋南医療生協 看護師日記
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | - |
    仕事ができる喜びを実感して
    0
      かなめ病院病棟勤務 12年目看護師

      女性は、結婚抱擁・出産赤ちゃん・による環境の変化が仕事に関係します。看護師の仕事は、ずっと続けたいと思っていましたが出産を機に退職しました。初めての育児で子どもと一緒に楽しい日々をを過ごしていました。しかし、2年が過ぎた頃、仕事に戻れるのか不安になったりひやひや社会と繋がりがないと思うようになりました。仕事がしたくても子どもが保育園待機児童だったので復職は難しい汗と思っていました。そんなとき、今の職場を知りました。夜間、日曜保育があり、勤務形態等が選べることが決めてとなり就職しました。かわいい仕事も自分のペースで無理せずに始められたので子どもにとっても良かったと思います。はじめは午前中のパートでしたが、慣れてきて長時間のパートに変わり、今では常勤として楽しく仕事をしています。時計夜勤があるといつも夫ばかりにも頼れないので、院内保育のつぼみ保育所を利用しています。「きょうはつぼみの日だよ〜!」と朝、子どもに伝えると「ごはん何かな〜?」とつぼみで友達と食べる夕食を楽しみにしていまするんるん
      小学生のお兄さん、お母さんに遊んでもらったり反対に0歳の赤ちゃんのお世話をしてあげたり、子ども同士の係り!?も生まれているようです。(私も子育てしながら悩むことも多く、そんなときは先輩ナースに相談します。同じようなものなのかもしれませんラッキー)毎日は忙しいですが、仕事が続けられるのは家族・職場スタッフに支えられ院内保育所があるおかげだと思っています。これからも悩みながらですが、一つ一つ乗り越えていきたいと思います。グー
      子育て看護師から | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - |
      看護師ママの一日
      0
        外科・泌尿器病棟勤務 7年目看護師

        私は今、3交替勤務の病棟看護師をしながら、3歳と1歳の子育て真っ最中です。2人とも産後4〜5ヶ月で今の病棟に復帰しました。まわりの病棟のスタッフや保育士さん方に支えてもらいながら、忙しくも楽しい日々を送っています。そんな私のある1日を紹介したいと思います。
        花○月○日(木)日勤鉛筆2
        [:ふぅ〜ん:]朝6時半、眠い・・・ながらも何とか起床、夜遅いパパを起こさないように、自分と子どもたちの準備をして、8時には保育園へおはな
        ひやひや8時半からの始業にぎりぎりセーフ。ここからはある意味『自分の時間』、思いっきり仕事に集中できます腕時計同僚にも先輩ママさんがたくさんいるので、休憩時間には子どもの話に花を咲かせ口紅目一杯仕事して、子どもを迎えに行くのは6時を超えちゃいます汗
        てれちゃう6時過ぎ、保育園に迎えに行くと、それでも子どもはいつも笑顔で「おかえり!」ってとんで来てくれます。
        わーいその後、買い物しながら家に帰って夕食です。支度の間は、最近ようやくお姉ちゃんの面倒見を安心して見ていられるようになりました拍手2人ともよく食べて、ベタンコになっちゃうので、そのままお風呂へGO!お風呂好きな2人なので、あったまりながらいっぱい遊んで、上がるころにはもう眠たくて目をコシコシしています。
        たらーっ2人を寝かしつけて、明日の準備なんかしながら、ちょっとお酒を飲んでワイングラス11時には就寝。
        ウィンクこのように1日めまぐるしくても、逆に忙しいからこそ仕事と家庭とで気持ちを切り替えられるので、ストレスもなく、やりがいにも繋がっていきます。さぁ、明日も1日頑張るぞっグーと。


        子育て看護師から | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | - |
        経験不足の克服と子育て仕事の両立から
        0
          脳神経内科・脳神経外科病棟勤務 5年目看護師

          私は看護師になってから3年半で産休・育児休業に入りました。妊娠中は、いっぱいまで働いていましたが、急変時の対応も入ることができなかったため、明らかに同期とも差がついてしまったと実感していました。私は、努力してなりたかった看護師になったので、まだまだ分からないことも多く急性期の現場で勉強していきたいという思いがありました。経験不足という不安を抱えながら実際に働きだしましたが、医師が病棟で学習会を開いてくださり助かりました。また、夜勤の見習い期間など負担とならないようにゆっくり進めてくださったり、無理なく現場に慣れていくことができたと思います。未経験の処置などがある場合は、上司や先輩方と一緒に行い、アドバイスを頂きながら独立していけたと思います。
          まだ、子どもが小さく手がかかるので心配も多くありますが、夫にも理解・協力してもらい自分のため、子どものためにと頑張っています。やはり看護師の仕事は大変ですが、上司やスタッフの支えや協力もあり大変助かっています。また、院内保育所の子育てママナースもたくさんいて子育ての両立に奮闘している姿がとても励みになっています。夜勤もあり、体力も必要で責任の重い仕事ですが、その分、十分やりがいを感じています。子育て・仕事・家事・・。と大変ですが、自慢のかわいい我が子の笑顔を支えに頑張っています。
          子育て看護師から | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |